私立小で働き始めて2ヶ月の感想

保護者向け

こんにちは!にゃんちゅうです!

今回は3月に公立教員を辞めて、4月から私立小教員として2ヶ月働いた感想を書きたいと思います。

転職して良かったか?

はい。本当に良かったです!

理由はたくさんあるのですが、最初の投稿「自己紹介&転職理由」に書いたメリットがほとんど当てはまっていることが大きいですね。

詳しく書いていきます。

私立小の何が良いか

4項目に分けて説明していきます。

①業務内容
②放課後
③子ども・保護者・職員
④給食

①業務内容

まずはなんと言っても、「教育委員会の管轄でない」ので、報告・調査物がほとんど来ないです。

我々教員の仕事の2〜3割は、教育委員会に提出する資料作りだと思うので、それらが無くなるだけで多忙感が大幅に軽減されました!(私がまだ1年目で校務分掌も比較的少ないってこともありますが。)

また、本校の4〜6年生は毎日6時間です。なので週時数は6×5=30時間。

専科の先生は、英語・理科・音楽・情報で週当たり7時間空きが生まれます。(1日平均1.4時間)

なので、私の実質の担当時数は23時間

その23時間の中には、図書1時間、クラブ1時間、謎トレのような独自のカリキュラム1時間が含まれていて、この3時間は教材研究がほとんど要らないので負担感的には週20時間(1日4時間)のような体感です。

毎日1時間は空き時間があるので、その時間に宿題の丸付けや学級通信作り、校務を進められるので私の平均退勤時刻は5時半頃です。

学校に慣れてきたり、気合いを入れまくったりすれば毎日定時退勤というのも可能だと思います。実際に毎日5時に帰っている先生も何名かいらっしゃいます。

ただ、2年目から校務分掌が増えるはずなので、更なる効率化が大切ですが。

②放課後

放課後はほとんどが空き時間です。

月に1回、職員会議
月に1回、全体連絡会(ちょっとした連絡や児童理解の時間)
学期に1回、職員研修(2ヶ月で1回もありません笑)

なので、実質2週間に1日だけ放課後に何かがあって、それ以外は学級事務や教材研究の時間に充てられるということです。

これは公立学校だと有り得ないことだと思います。

研修主任をしていた頃は、資料の準備で土日まで使っていました。実際、先生方の学びにつなげるための計画・準備をすることでた自分自身も学べていたことは事実です。

ただ、それに費やす時間と負担感は相当なものでした。

職員研修がほぼ無いことで、教材研究などの時間が確保できたり、子どもたちと余裕をもって接することができたりするなど良いことがたくさんあります。

ただ、「学び続ける教師」として自分で教育本を買ってアウトプットするなど、自己研鑽の意識を持ち続けることは重要だと考えます。

③子ども・保護者・職員

【子ども】

まず、子どもについてですが、私立(進学校)のため全体的に学力は高いです。塾に通っている子も非常に多いです。全国でトップ3に入るような中学校進学を目指している子も数名います。

ただ、単元テストで毎回20~30点を取るような子もいます。

授業の進度は、学力の高い子に合わせて早めに進めて復習や発展問題にも力を入れています。

なので、学力の低い子にとって授業時間は苦しい時間かもしれません。

私はそのような子には休み時間などを活用して補充学習を行っております。

公立学校では、「分からない子が分かるようになる授業」を意識していましたが、私立では「学力の高い子が思考を巡らせ、発展問題に意欲的に取り組めるようになる授業」を目指しています。

私立小学校に通わせられる家庭は、だいぶ家計に余裕があるご家庭だと思います。実際、本校では月5~6万円の学費がかかります。我が家では、小学校から月に5~6万円の出費は厳しいです、、。

逆に言うと、それくらい学力や学校に求めるものがある。のだと思います。それか本当にお金に余裕がありまくるのか。笑

保護者・子どもが最も求めているものが、学力向上・進学のはずなので、やはり業のレベルは学力が高い子に合わせるべきだと考えます。その分、苦手な子には個別の対応をするしかないですね。

次は学力以外について。

私立に来るまでは、「私立の子は尖っているのかな(性格が)」と思っていましたが、公立とほとんど変わりません。

違う所といえば、生徒指導上で問題がある子がいない、時間にルーズな子が多い、食事のマナーが悪い子が多いことが挙げられます。(本校だけかもしれませんが)

時間や食事のマナーについてはコツコツ指導していっています。

【保護者】

まだ保護者会1回、送り迎えや電話連絡などでの関わりしかないので細かいところまでは分かりませんが、保護者同士仲が良く、ご理解がある方が多い気がします。

同僚によると、塾に行かせている親が多くて、学校には多くを求めていない親もいるようです。

ただ、学校でしか教えられないことも多いはずなので私にできることをしっかりとやっていく所存です(誰)

あとはやはり皆さん高級車に乗ってらっしゃる、、😆ベンツ、BMWからフェラーリ、ポルシェ〜😆車好きの私からすると楽しいです。笑

【職員】

私立小で勤務するまでの私は、失礼ですが、

私立学校は個性的な職員が多そう。

公立に受からないから私立に来たという人もいそう。指導力の質はどうなのか、、?

という悪い予想もしていましたが、とても良い方が多く、人間関係も良さそうです。

公立に受からずに私立に来たという人も数名いらっしゃいましたが、人間的には良い方ばかりです。まだ分かりませんが、指導力も問題ないと思います。

本校は放課後に全職員が集まることが少ないことや、校務用PCが教室にあり全員自分の教室で仕事をするので職員室には基本的に教頭のみということもあって、同僚と長い時間話す機会は無いです。

ただ、休み時間に談笑したり、打ち合わせを行ったりするなど、必要なコミュニケーションは取れています。

よく言えば無駄がなく、悪く言えば淡白な人間関係です。効率的に働きたい私には合っています。

④給食

今までの公立小学校の給食費は約5000円。

対して本校は6500円。1500円高いです。

ただ、公立よりも明らかに牛肉が使われていることが多い。

パンは県内でも有名なパン屋さんから個包装で1人ずつ。メロンパンなどめちゃくちゃ美味い。

基本的に味が濃く、美味しい

もちろん自校式なので温かい状態で食べられる。

家庭的にも恵まれている子が多いので、普段の食事も美味しい物を食べていると思います。

安くて味の薄い健康志向の給食を出してクレームが出るよりは、少し値段が高くなっても美味しい物を出したい。ということなのだと思います。

1500円高くなっても、美味しいこの味付けに私は満足しています。

最後に

今まで公立で働いていた私は18時半頃に退勤し、家に着くのは19時半頃。

お風呂に入りご飯を食べて子どもの寝かしつけ。

家事・育児はほとんど妻に任せっきりでした。

ただ、自宅近くの私立に転職したこともあって、朝の出勤が1時間遅くなり、家に帰り着くのが1時間以上早くなりました。

現在は7時半出勤、18時までには帰宅

その分家事・育児の時間が増え、妻の負担が減り、子どもと過ごせる時間も増えました。

それだけでも私や家族の幸福度やQOLは爆上がりしております。

これから何かしら困ったことが起こるかもしれませんが、今のところ私は私立学校に転職して本当に良かったと思っております。

いずれは給与などの待遇面面接での回答なども更新しようと思っています。

次回の内容が決まっていないので、何か書いてほしいことがありましたら、コメントかTwitterのDM等で教えていただけると有難いです!

「いいね!」も待っています😍↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました