私立学校の先生たちの経歴

保護者向け

以前、ブログを読んでいただいた方から「同僚の先生方の経歴を知りたい」というご意見を頂きました!

こういう風に「こんなことを書いて欲しい!」とご意見を頂けると、「必要とされている」「役に立てている」と感じることができるのでとても嬉しいです😊

今後もご質問やご意見をお待ちしております♩

では、「私立学校の先生たちの経歴」について現在の私(勤務2ヶ月半)が分かる範囲で書いていきます。

本校の職員数

本校は小〜高校の私立一貫校で中・高校を合わせると職員数は相当多いです。

ただ、小学校だけでいうと教職員が約20名。事務職員やバスの運転手さんなどを入れると30名ほどです。

関係ないですが、いわゆる学校主事さん(用務員)はいません。

その代わり、バスの運転手さんたちが朝夕の送迎業務の時間以外で、敷地内の草払いや校舎の修理作業などもしてくださるので大変有り難いです。

振り返れば公立の時は、草払いも教諭や管理職がやることも多々ありました、、。

先生方の経歴

今回は20名の教職員の方々の経歴について知っている範囲で書きます。

多い順でいくと、

①最初から私立13名

②公立から私立6名

③一般企業から私立1名

正直2ヶ月半で全職員の経歴までは分からないので、経歴が不確かな方は「①最初から私立」ということにさせてもらいましたっ!キリッ古

①最初から私立

社会人の最初から私立(本校)で働いているという13名の中には本校出身の先生も何名かいらっしゃいます。聞いた話によると大学卒業のタイミングで声がかかった方もいるようですね。

やはり卒業生からの就職ルートがあるのかもしれません。

②公立から私立

分かっているだけでも6名いらっしゃいます。そのうちの1人は私にゃんちゅうでございます😸

その6名の中でも、、

4名は公立の正規職員を辞めて私立へ。更にそのうちの2名は附属小のような研究校から本校へ。

残りの2名は公立の講師から私立へ。お二人とも当時の勤務校の管理職に勧められて私立職員になったようです。

私は「家族との幸せ」のために私立学校の教員になったのですが、他の方の理由も気になりますね、、。

特に研究校にいらっしゃったお二人がなぜ公立を辞めて私立教員に転職されたのかを知りたいです、、。いずれ更新するかもしれません、、!

③一般企業から私立

一般企業を経験されてから教員に転職される方は、公立でもたまにいらっしゃいますよね。

こういう経歴の方々から話を聞くのも面白いです。

小〜高校一貫校

前述した通り、本校は同じ敷地内に小・中・高校が併設されている一貫校です。

小→中学校に進学するためには試験がありますが、中→高校はエスカレーターで上がれるようです。

先生たちも交流人事

そして、先生たちも交流します。小学校の先生が中学校へ。逆に高校の先生が小学校へ。

先生方の希望もあるでしょうが、私は人事の面で大きなメリットがあるのではと考えています。

例えば、小学校職員に空きが出て募集を出したけど採用に至らなかった場合。中高から小学校免許がある先生を異動させれば担任に空きが出なくて済むからです。

中高の先生たちは1人職員が減っても授業時数が増え、校務が増えるだけで済みますよね。(中高の先生方すみませんっ!)

小学校だと1人足りないだけで担任に空きが出るんですよね。もちろん、専科を減らせば良いのでしょうけど。

本校の小学校にも4名程、中高校に交流で行かれてた方がいらっしゃいます。

中高の部活担当

本校の小学校には中高の部活動を教えている先生も何名かいらっしゃいます。

これは強制ではなく、本人の希望で専門種目をほぼ毎日教えてらっしゃるようです。

小学校の先生をしながら放課後は部活動の指導。また土日も練習や大会引率、、家族との時間を大切にしたい私にとっては到底できない仕事です、、。

しかも手当は出てないようです、、。(私立によると思います)

部活動を指導されている全国の先生方を尊敬しながらも、地域スポーツに移行していくことを切に願っています、、。

さて、今回は私立学校の先生方の経歴を中心に書きましたがいかがだったでしょうか?

気に入っていただけた方や、少しでも参考になった方がいらっしゃれば下の「いいね❤️」ボタンをお願いします♩

次回書く内容が決まっていないので、TwitterのコメントやDM等でご意見・ご要望を頂けると嬉しいです。

ありがとうございましたっ!ではっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました